本記事の目的
支給項目設定を正しく行うことで、手当を追加、削除した際に、課税対象項目などの取り扱いを正しく設定することが出来ます。

設定方法

就業規則の設定の支給項目をクリックしてください。

■支給項目とは

給与項目の中で、支給する本給・手当などの設定単位のことを意味しています。
新たに手当を追加する、削除する、課税対象項目などの取り扱いを変更する際に、本設定を調整してください。

■支給項目 ー「従業員の給与情報」とは

支給項目の設定内に「従業員の給与情報」という項目があります。
社員ごとに金額を固定数値で設定される場合にご利用いただけます。

=> 「従業員の給与情報」の詳細はこちらをご覧ください
 

■支給項目 ー「給与項目の設定」とは

支給項目の設定内に「給与項目の設定」という項目があります。
給与計算結果として表示する項目の計算式を設定していただけます。

=> 「給与項目の設定」の詳細はこちらをご覧ください。


本記事の効果
支給項目を設定することで、自社で使用している手当て等で発生する、課税対象項目を正しく取り扱うことができます。

回答が見つかりましたか?