本記事の目

本記事では、登録したICカード情報の修正や削除の方法についてご説明いたします。 

概要

ICカードを誤って登録してしまった場合や、ICカード打刻の利用をやめる場合は、CSVファイルのインポートでICカード情報の修正・削除を行います。

■STEP1 PCから管理者権限でGozalにログインします。

CSVファイルでのデータ更新を行いますので、PC端末にて「管理者権限」でログインしてください。

■STEP2 ICカード情報をエクスポートします。

①サイドメニューから、「データ入出力」を選択します。

②「エクスポート」>ファイルの種類で「ICカード」を選択し、CSVで書き出します。

■STEP3 ICカード情報を編集します。

①STEP2でエクスポートしたCSVファイルをエクセルなどの表計算ソフトで開きます。

②登録されているカードID情報の更新・削除情報ファイルを作成します。

【ICカード情報を間違えて登録してしまった場合】

ICカード情報を間違えて登録してしまった場合は、下記2通りのやり方で正しいカードIDを登録することができます。

1)CSVファイル上で正しいカードIDを登録する

カードIDが分かる場合は該当社員の「カードID」欄の情報を修正することで正しいカードIDを登録することができます。

下記画像のように「カードID」欄を修正して「更新/削除」欄を「更新」にしてください。
※「更新/削除」欄の初期値は「更新」になっています。

2)ICカードリーダーからICカードを登録する

カードIDを入力することが難しい場合は、カードIDを削除することで再度ICカードリーダーからICカードを登録することができるようになります。

下記画像のように「カードID」欄はそのままで「更新/削除」欄を「削除」にしてください。
または「カードID」欄の内容を空白にし「更新/削除」欄を「更新」にすることでも削除できます。

【ICカード打刻の利用をやめたい場合】

カードID情報を削除することでICカード打刻の利用をやめることができます。
上記画像のように「カードID」欄はそのままで「更新/削除」欄を「削除」にしてください。

➂不要なデータ(今回更新、削除しないデータ)を削除し、CSVファイルを保存します。

■STEP4 更新したCSVファイルをインポートします。

①サイドメニューから、「データ入出力」を選択します。

②「インポート」からファイルの種類で「ICカード」を選択し、

 「ファイルをアップロード」にSTEP3で更新したCSVファイルを

 ドラッグ&ドロップでアップロードします。

【!】CSVファイルに「カードID」「更新/削除」ともに空欄の行が含まれていた場合、エラーになりファイルが受付されません(下記のようなエラーメッセージが表示されます)。

本記事の効果

以上のSTEPで登録したICカードの修正・削除は完了となります。

改めて正しいICカードを登録する場合はICカードの登録方法についてよりICカードの登録作業をお願いいたします。

回答が見つかりましたか?