本記事の目的

本記事では、ICカード打刻を行うにあたり事前にご準備頂くものについてご説明いたします。

【ご準備いただくもの】

  • ICカードリーダー

    PaSoRi(パソリ)RC-S380、または、PaSoRi(パソリ)RC-S300

    ※これからICカードリーダーをご準備頂く場合は、ドライバの切替が不要な「RC-S300」の購入をお勧めします。

  • PC端末、または、タブレッド端末

  • ICカード(交通系ICカードなどFeliCa規格:Standard、Lite、モバイルFeliCaなど)

  • WEBブラウザ(Google chrome)

  • その他
    タブレット端末を利用される場合はUSB変換アダプタ(Type A→Type Cなど)


    ※ご準備頂くに際し、ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。


■対応OSについて

Windows 8.1以降

macOS Monterey 12
macOS Big Sur 11

■ドライバーについて

  • PaSoRi(パソリ)RC-S380の場合
    NFCポートソフトウェアのインストールが必要です。
    ドライバーのインストール方法については「RC-S380ドライバーのインストールについて」をご確認ください。

  • PaSoRi(パソリ)RC-S300+WindowsOSの場合

    インターネットに接続したパソコンとリーダー/ライターを接続することで、自動でドライバーがインストールされます。

  • PaSoRi(パソリ)RC-S300+macOSの場合
    「USB ドライバー for RC-S300」のインストールが必要です。
    ドライバーのインストール方法についてはSONY社のページをご確認ください。

※PaSoRi(パソリ)RC-S380はmacOS非対応です。

回答が見つかりましたか?