本記事の目的

年末調整結果は地方税ポータルシステムeLTAXを使って届け出ることができます。

eLTAXで届け出を行う場合は、PCdeskというソフトウェアを使用します。

本記事では、PCdeskに取り込む用のCSVファイルをGozalから出力する方法をご説明します。

eLTAXのご利用の流れは公式ホームページを参照してください。

給与支払報告書-源泉徴収票の統一CSVの出力方法

■STEP1 年末調整を確定

給与支払報告書-源泉徴収票の統一CSVを出力するには、年末調整を確定させる必要があります。

未確定の場合は、2020年度版 Gozalでの年末調整の流れを参照して、年末調整の確定処理を行ってください。

STEP2 給与支払報告書-源泉徴収票の統一CSVを出力

年末調整のステータスが「確定」になっている従業員の届け出用CSVが出力できます。

STEP3 マイナンバー情報を手動で入力

Gozalではマイナンバーを管理していません。

なので、給与支払報告書-源泉徴収票の統一CSVをGozalから出力した後に、マイナンバーを手動で入力する必要があります

その際に、ファイルをそのまま開くと、文字列が数字に自動変換されてしまい、PCdesk取り込み時にエラーになるので注意してください。

以下の手順で開くことで、自動変換を避けることができます。

① 外部ファイルの取り込み

新規ファイルを開いて、「データ」→「テキストファイル」を選択。

② カンマ区切りでデータを取り込む

③ 指定列のデータ形式を文字列に変更


以下の列を文字列に変更してください。

  • 年分

  • 受給者の生年月日-年

  • 受給者の生年月日-月

  • 受給者の生年月日-日

  • 中途就・退職-年

  • 中途就・退職-月

  • 中途就・退職-日

  • 他の支払者のもとを退職した年月日-年

  • 他の支払者のもとを退職した年月日-月

  • 他の支払者のもとを退職した年月日-日

  • 住宅借入金等特別控除等適用家屋居住年月日(1回目)-年

  • 住宅借入金等特別控除等適用家屋居住年月日(1回目)-月

  • 住宅借入金等特別控除等適用家屋居住年月日(1回目)-日

  • 住宅借入金等特別控除等適用家屋居住年月日(2回目)-年

  • 住宅借入金等特別控除等適用家屋居住年月日(2回目)-月

  • 住宅借入金等特別控除等適用家屋居住年月日(2回目)-日

④ 手動で個人番号(マイナンバー)を入力

個人番号欄(「支払を受ける者の個人番号」「(源泉・特別)控除対象配偶者-個人番号」「控除対象扶養親族(x)-個人番号」)を手動で入力してください。

⑤ ヘッダを削除

編集のしやすさを考慮してヘッダを挿入していますが、PCdeskに取り込む際はヘッダを削除してください。

回答が見つかりましたか?