本記事の目的

本記事では、休暇を複数名に一括付与する方法をご説明致します。

STEP1 休暇付与csvをダウンロード

休暇付与を複数社員に対して一括で実行するために、csvを作成する必要があります。まずは下記リンクから休暇付与csvをダウンロードしてください。

休暇付与フォーマット.csv

STEP2 csvを編集

CSVは下記の構成をしています。

一つずつご説明させていただきます。

①社員番号

Gozalに登録している社員番号を記入してください。

付与を行う対象者の社員番号を記録します。

②休暇

休暇には、Gozalで設定している休暇名称を記入してください。

付与を行う休暇の種類はこの「休暇」で制御しています。

③付与日数

付与したい日数を記入してください。

半日分を付与される場合には「◯.5」と記入してください。

④付与日

付与を行う日付を記入してください。

付与日以降の日付でしか休暇を利用できないため、利用開始日を設定してください。

⑤有効期限

休暇の利用が可能となる期限を設定してください。

有効期限以降では、休暇を利用できなくなります。

上記の通りcsvを編集して、保存を行なってください。

csv作成上の注意点

  • 関係ないセルにスペースなどのデータが入っていると処理ができないので、必要な情報以外は削除しておいてください。
  • csvはコンマ区切りの方式で作成してください。
  • 1行目のデータは編集せずにそのまま使ってください。
  • 社員番号に誤りがあるとインポート処理ができません。
  • 休暇はGozalに登録されている休暇名と同じ文字を使用してください。
  • 付与日・有効期限は「yyyy/m/d」の形式で表記してください。

STEP3 「データ入出力」 > 「インポート」

下記画像のようにページを移動してください。

STEP4 ファイルの種類を「休暇付与情報」に設定

ファイルの種類の項目を休暇付与情報をしてください。

STEP5 先ほど作成したcsvをドラッグ&ドロップ

下記画像の赤枠箇所に先ほど作成したcsvファイルをドラッグ&ドロップしてください。

STEP6 インポート実行処理を確定

「データを取り込む」ボタンをクリックしてください。

以上で休暇の一斉付与は完了となります。

予期せぬインポートエラーが出た場合には、まずcsvのデータが正しく作成されているか確認してください。

その上で、まだエラーが解決しない場合には、休暇ポリシーが適用されているか、そして適用されている休暇ポリシーにインポートしようとした休暇が含まれているかを確認してください。

下記のマニュアルをご参照ください。

本記事の効果
以上の手順により、年次有給休暇などの休暇付与を一括で行うことができます。

回答が見つかりましたか?