本記事の目的

1日に複数の出退勤を行った場合、Gozal上では「中抜け時間」という情報を追加することができます。本記事では「中抜け時間」の情報追加の方法をご説明致します。
※中抜けを利用するには、管理者画面(PC版)で「勤務外申請の設定」を行ってください。


複数の出退勤情報のGozal上での勤怠情報イメージ

■実際の勤怠

出勤時刻 9:00
退勤時刻 20:00

再出勤時刻 21:00
再退勤時刻 23:30

■Gozal上に登録する勤怠情報

出勤時刻 9:00

中抜け開始時刻 20:00
中抜け終了時刻 21:00

退勤時刻 23:30


■STEP1 左上のGozalマークをタップしてください


■STEP2 サイドメニューが表示されますので「勤怠申請」をタップしてください


■STEP3 複数の出退勤情報を登録したい日を設定し、「勤怠編集」をタップしてください


■STEP4 「勤務外時刻」の左にある「+」をクリックしてください

【!】「勤務外時刻」が表示されていない場合は、管理者の方にお問い合わせください。


■STEP5 出退勤時刻は最小値と最大値を選択してください

例えば、1回目の出退勤が9:00~20:00、2回目の出退勤が21:00~23:30の場合、出退勤時刻は1回目と2回目の最小と最大の9:00~23:30を選択してください。


■STEP6 勤務外時刻で中抜け時刻を選択してください

1度目の退勤から再度出勤するまでの時刻を選択してください。
例えば、1回目の出退勤が9:00~20:00、2回目の出退勤が21:00~23:30の場合、中抜けは20:00~21:00を登録してください。

【!】中抜けが複数ある場合は、中抜けの時間を繰り返し入力してください。


■STEP7 「記入」ボタンをクリックしてください

■STEP8 勤怠の記入が完了した旨が表示されれば登録完了です


【!】登録した勤怠情報を確認したい場合、「勤怠編集」ボタンをクリックしてください。

「勤務時刻」「勤務外時刻」に登録されている勤怠情報を確認することができます。


本記事の目的

以上の手順により、1日に複数の出退勤情報を登録することができます。

回答が見つかりましたか?