本記事の目的
年次有給休暇などの休暇付与情報をCSVファイルのインポートにより一括で行う方法をご説明いたします。



■STEP1 休暇付与のCSVファイルを作成します
下記画像のように、表計算ソフトなどで休暇付与のCSVファイルを作成します。

■ヘッダー項目

社員番号,休暇,付与日数,付与日,有効期限


社員番号

休暇を付与したい社員番号を入力してください。

休暇
付与日における休暇ポリシーに登録されている休暇名を入力してください。

付与日数
付与日数を0.5日単位、または、1日単位で入力してください。

付与日
付与日を「yyyy/m/d」または「yyyy-m-d」形式で入力してください。

有効期限
有効期限を「yyyy/m/d」または「yyyy-m-d」形式で入力してください。

■STEP2 サイドメニューの「データ入出力」を選択してください

■STEP3 「インポート」タブを選択してください

■STEP4 ファイルの種類で「休暇付与情報」を選択してください

■STEP5 CSVファイルをアップロードしてください

休暇付与情報CSVファイルを「ファイルをアップロード」エリアにドラッグ&ドロップするか、「ファイルをアップロード」エリアをクリックして、休暇付与情報CSVファイルを選択してください。

■STEP6 「データを取り込む」を選択してください

■STEP7 取込み結果のメッセージを確認してください

下記画像のように「データの取り込みに成功しました。」が表示されましたら休暇付与のインポートは完了です。



本記事の効果

以上の手順により、年次有給休暇などの休暇付与を一括で行うことができます。

回答が見つかりましたか?