本記事の目的
自動休憩の削除方法を知ることで、誤って設定してしまった場合や、新たに就業規則などが変更になった際に、対応することができます。

削除方法をご覧になる前に自動休憩設定の方法も合わせてご確認ください。


削除方法

■STEP1「就業規則の設定」の「就労設定」タブをクリックしてください

■STEP2 削除したい自動休憩の横にある「ゴミ箱マーク」をクリックしてください

■STEP3 削除されていることを確認したら、「保存する」をクリックしてください


以上で、設定した自動休憩を削除することができます。

本記事の効果
自動休憩の削除ができることによって、新たな就業規則の変更や労働基準法が変わった際に、即時に対応することが出来るようになります。

回答が見つかりましたか?