本記事の目的

この記事では、休暇管理機能を使用する際の、休暇の作成方法について、ご説明いたします。
休暇管理機能における休暇ルールについての概念は「休暇ルールについての記事をご確認ください。


設定方法

STEP1 Gozalにログインして、サイドメニューの「休暇管理」を選択してください。

STEP2 「ポリシー」タブをクリックし、休暇ルールを設定したい休暇ポリシーを選択してください。

STEP3 休暇ルールを作成する

「休暇ポリシー」のページが開くので、「+」ボタンを押してください。

次に、「休暇名」を選択してください。
 


ここでは、例として介護休暇を選択します。

「取得単位」を選択してください。

「賃金の有無」は、賃金を支払う場合はチェックボックスにチェックをいれてください。支払いを行わない場合は、チェックボックスを外してください。

「年次有給休暇の出勤率の算定」は、「出勤すべき日」として扱うか、「出勤扱い日」として扱うかについて、それぞれチェックボックスにチェックをいれてください。扱わない場合は、チェックボックスを外してください。

【!】設定に関わらず、半日単位の休暇取得時は、出勤すべき日・出勤扱い日として集計します。

STEP4 設定したら「設定する」ボタンを押してください。

画面の右上部に「休暇ルールを保存しました。」と表示され、設定した休暇が、「この休暇ポリシーで使える休暇」に表示されていれば、休暇ルールの作成は完了です。

以上で、「休暇ルールの設定」は完了です。


本記事の効果

休暇ルールの設定を行うことで、休暇ごとに細かい設定を行うことが可能です。

「アーカイブをする」も合わせてご確認ください。

回答が見つかりましたか?