本記事の目的

誤って入力してしまった従業員の勤怠情報を削除する方法をご確認頂けます。

また、所定休日、法定休日の日のシフト欄に欠勤などが表示されてしまう場合も、本記事に記載している勤怠情報を削除することによって解決する可能性がございますので、お試しください。 


■STEP1 サイドメニューから勤怠管理画面を開く

サイドメニューから「勤怠管理」をクリックしてください。

■STEP2 勤怠情報をクリアしたい社員を選択

該当する社員の区分を選択してください。

クリアしたい勤怠情報が含まれている期間を選択してください。

該当の社員を選択してください。

■STEP3 勤怠情報をクリアしたい日を選択

勤怠情報をクリアしたい日を選択してください。

■STEP4 勤怠情報をクリア

既に勤怠情報が入力されている場合、最初の画面ではクリアボタンが表示されていない可能性があるのでスクロールバーを一番下へ動かしてください。
【!】最初の画面でクリアボタンが表示されている場合、この項目は無視してください。

スクロールバーを一番下に動かすとクリアボタンが表示されているのでクリックをしてください。
【!】クリアボタンをクリックすると確認画面を挟まずに即時勤怠情報がクリアされてしまうので、間違いがないかを再度確認してください。

勤怠情報がクリアされると画面が閉じ、該当の勤怠情報がクリアされていることが確認できます。


本記事の効果
以上STEP1~4を踏むことによって、勤怠を削除することができます。

回答が見つかりましたか?