本記事の目的

休憩申請とは、従業員の方の休憩時間を実態にあわせて、従業員側が正確に記録するために利用する設定機能です。

休憩申請の設定を行うことで、休憩開始時刻と終了時刻を実態に合わせて記録することができます。本記事では、休憩申請機能を使用するための設定をご説明させていただきます。

■STEP 1 休憩申請機能の設定を「表示」に切り替える

「就業規則の設定> 入力設定」の順にページを進めてください。

■STEP 2 「休憩申請機能」の項目で設定を「非表示」から「表示」に切り替えてください。

■STEP 3 ページ右下の「保存する」をクリックしてください。

■STEP 4 勤怠打刻ページの表示を確認

勤怠打刻ページに移動し、下記画像の箇所をクリックしてください。
(例として、1日の箇所をクリックしていますが、どの日付でも問題ありません。)

勤怠申請のフォームが表示され「勤務時間」の下に「休憩時間」の項目が表示されていれば設定は完了です。


本記事の効果
休憩申請の設定を行うことで、従業員の方の実態に合わせた休憩時間の設定ができます。


回答が見つかりましたか?