Gozalで行う新年度の住民税業務についてご案内致します。

Gozalでは、前年度の納付先市区町村を今年度の納付先市区町村としてコピーするサービスを行っております。


新年度の税額通知書がお手元に届きましたらSTEP2以降の作業を行ってください。


Gozal新年度住民税業務の作業手順は下記のようになります。

■STEP1 前年度の納付先市区町村を今年度の納付先市区町村としてコピーする

(前年より引き続きGozal住民税機能をご利用いただいているお客様を対象に、今年4月中にBEC社で行います)


■STEP2 今年度の納付先市区町村をメンテナンスする

 1)納付先市区町村が新しく増えている場合は納付先市区町村を新規追加してください。

 2)前年の納付先市区町村が、今年なくなっている場合は納付先市区町村を削除してください。

 3)指定番号や納付まとめ先が前年と変わっている場合は納付先市区町村を編集してください。


【!】
今年初めてGozal住民税機能をご利用のお客様は1)の作業のみ行ってください。


■STEP3 今年度の
納付先市区町村に個人住民税を追加してください。


■STEP4 今年6月支給の給与計算にてSTEP3で登録した新年度の住民税が反映されていることを確認してください。

給与計算で控除される住民税の確認方法は「給与計算処理の流れ」のSTEP1からSTEP3をご確認ください。

回答が見つかりましたか?