Gozalでは、住民税に関する情報を登録して、管理・運用することができます。本記事では、住民税情報の管理のご利用方法についてご案内させていただきます。


■STEP1  住民税ページを開く

上記画像のように、左サイドメニューから「住民税」をクリックしてください。表示されたページから上記画像の「追加する」ボタンをクリックしてください。


■STEP2 市区町村情報を入力する

上記画像のように、登録したい住民税情報を入力してください。

「年度」・・・登録したい対象年度を選んでください。
「市区町村」・・・市区町村コードを入力すると候補が表示されるので、選択してください。
「納付まとめ先市区町村」・・・納付先が所属市区町村と異なる場合には、まとめ先市区町村コードを入力して、候補を設定してください。
「指定番号」・・・税額通知書に記載された特別徴収義務者指定番号を入力してください。

上記が入力できれば「保存する」をクリックしてください。


■STEP3 市区町村の登録完了

上記画像のように、「2018年度の東京都渋谷区を登録しました」と表示されると、登録完了となります。

社員全員分の市区町村を作成するために、このSTEP1からSTEP2を繰り返してください。社員ごとの住民税額を登録する方法はこちらの記事をご確認ください。

回答が見つかりましたか?