本記事の目的
勤務外打刻とは、従業員の方が勤務時間の途中に、私用で外出する場合などに外出時間を記録するために利用する機能です。

外出開始時と終了時に記録を行うことで、外出時間を記録できます。本記事では、勤務外打刻を行うための初期設定をご説明させていただきます。

設定方法

STEP1 勤務外打刻の設定を「表示」に切り替える

「就業規則の設定> 入力設定」の順にページを進めてください。


STEP2「勤務外打刻」の項目で設定を「非表示」から「表示」に切り替えてください。

利用する「勤務外名称」を選択する

次に利用する勤務外の名称を選択してください。Gozalでは「中抜け」「私用外出」の二つをご用意しておりますので、従業員の方が勤怠を打刻する際に表示したい名称を選んでください。


最後にページ右下の「保存する」をクリックしてください。

勤怠打刻ページの表示を確認

勤怠打刻ページに移動すると、出勤ボタンをクリック後に下記のように「その他の打刻」というメニューが表示されます。

この表示が確認できれば、勤務外打刻の設定は完了しています。

本記事の効果
勤務外打刻の設定を行うことで、従業員の方が勤務時間の途中の外出時間を記録することが出来るようになります。

回答が見つかりましたか?