今回は勤務タグをSlackコマンドで打刻する方法をご説明しています。

事前準備

労務担当者の方の作業

まずは勤務タグの初期設定を行っていただく必要がありますので、こちらの記事をご確認いただいて、設定を完了してください。

またSlackとGozalの連携を行う必要がありますので、こちらの記事をご確認いただいて、連携設定を行ってください。

従業員の方の作業

従業員の方はSlackとGozalの連携を行う必要がありますので、こちらの記事をご確認いただいて、連携設定を行ってください。

打刻方法

出勤、退勤コマンドの後ろに半角シャープで直行、直帰などを入力して打刻してください。

▼slackコマンド例
/gozal_attend #直行

下記画像のようにslackでコマンドをうちます。

そうしますとslackでは下記のように反応があります。

これで出勤時刻と勤務タグ「直行」を記録することができます。


またタグを連続して打刻することも可能です。半角スペースか全角スペースでつなげてください。

▼slackコマンド例
/gozal_leave #電車遅延 #早退

下記画像のようにslackでコマンドをうちます。

そうしますとslackでは下記のように反応があります。

これで退勤時刻と勤務タグ「電車遅延」「早退」を記録することができます。


▼ご利用可能なタグ一覧
直行、直帰、出張、遅刻、早退、電車遅延、在宅

回答が見つかりましたか?