勤務タグをつけて勤怠を打刻・申請する方法をご説明いたします。

本記事の目的

Gozalでは勤怠に「勤務タグ」という、勤怠の補足情報を記録することができます。
具体的にご利用いただける勤務タグは下記の通りです。
直行、直帰、出張、遅刻、早退、電車遅延、在宅、残業など
今回は「勤務タグ」をつけて勤怠打刻・勤怠申請を行う方法をご案内いたします。

【!】勤務タグは、管理者権限の方がこちらのページにある初期設定を行わなければご利用いただけませんのでご注意ください。

◆「直行」と「直帰」は直接「打刻」ボタンから記録することができます。

直行する場合は「勤怠打刻」ページで「その他の打刻」ボタンをクリックして「直行」をクリックしてください(出勤打刻が有効な場合のみ「直帰」ボタンが表示されます)。

これで、下記のように出勤時間と勤務タグの「直行」を同時に記録することができます。

直帰する場合は「勤怠打刻」ページで「その他の打刻」ボタンをクリックして「直帰」をクリックしてください(退勤打刻が有効な場合のみ「直帰」ボタンが表示されます)。

これで、下記のように退勤時間と勤務タグの「直帰」を同時に記録することができます。

◆その他(出張、遅刻、早退、電車遅延、在宅など)の勤務タグの記録方法

■STEP1  勤怠打刻ページにて勤務タグを追加したい日付の行をクリックしてください。

■STEP2  勤怠申請フォーム内の「勤務タグ」で「タグを追加」をクリックしてください。

■STEP3  記録したい「勤務タグ」をクリックして「記入」ボタンをクリックしてください。

これで「遅刻」の勤務タグが記録されます。
さらに同様の方法でタグを追加することで下記のように複数の勤務タグを記録することができます。

【!】勤務タグを削除したい場合は、タグ横の「×」ボタンをクリックして勤務タグを削除し、「記入」ボタンをクリックしてください。

本記事の効果

以上のステップによって、勤怠の補足情報である「勤務タグ」を追加・修正することができます。
実際の勤務状況に応じて、勤務タグをご活用ください。

回答が見つかりましたか?