本記事の目的

本記事では、給与計算の結果生じる端数につきまして、①どのような取り扱いを行うことができるのか、②端数処理の設定の方法を説明させていただきます。
 
 

前提となる用語

端数とは:
計算結果として生じた小数点以下の数値のことをさしています。

切り上げとは:
小数点以下の数値が生じた際に、1の位の数値に「+1」を行う処理のことです。

切り捨てとは:
小数点以下の数値が生じた際に、整数部分をそのまま残し、小数点以下を0とする処理のことです。

四捨五入とは:
小数点以下の数値が生じた際に、端数が0.5未満なら切り捨て、0.5以上なら切り上げる処理のことです。

 
 

設定の手順

■STEP1 会社情報を開く

ページ右上の「歯車」のアイコンをクリックしてください。次に表示される「会社情報」をクリックしてください。

■STEP2 給与計算の端数処理を設定する
表示されたページの右下に「給与計算の端数処理」という項目がありますので、こちらで端数処理の設定を行います。

▼加算項目(支給項目のうち賃金に加算するもの)
Gozalでは、支給項目のうち賃金に加算するものを「加算項目」と呼んでおります。例えば、家族手当・通勤手当などの一般的な手当項目です。

  • 小数点第一位四捨五入(100.4が100になります)
  • 小数点以下切り上げ(100.4が101になります)

▼減算項目(控除項目と支給項目のうち賃金から減算するもの)
Gozalでは、控除項目と支給項目のうち賃金から減算するものを「減算項目」と呼んでおります。例えば、経費精算・社宅控除などの項目でご利用いただけます。

  • 小数点第一位四捨五入(-100.5が-101になります)
  • 小数点以下切り捨て(-100.5が-100になります)

  
 

本設定の効果

以上の設定を行っていただければ、毎月の給与計算のうち、式で値を算出する項目についてのみ、計算の結果生じる端数について、処理を反映することができます。

毎月任意の数値を取り込む、手動入力する場合には、端数処理は適用されませんのであらかじめご注意ください。

【!】ご注意ください
なお法定控除につきましては、法定通りの端数処理を設定させていただいておりますので、会社毎に処理を追加することはできません。あらかじめご了承ください。

回答が見つかりましたか?