従業員ユーザーの方は、SlackとGozalを連携していただくことで、Slack上で勤怠を打刻することができるようになります。

Slackとの連携方法はこちらの記事をご参照ください。


Slack側で打刻する場所は特に制限がございませんので、どのCHANNELSでも、またどのDirect Messge内でも、打刻を行うことが可能です。


今回は例として、CHANNELSのMessage欄での
打刻方法をご紹介いたします。


・出勤時

CHANNELSのMessage欄に
「/gozal_attend」 と入力して、Enterキーを押してください。

出勤が完了するとGozalから下記のメッセージが表示されます。

こちらで出勤の打刻は完了です。


・退勤時
同様にMessage欄に
「/gozal_leave」   と入力して、Enterキーを押してください。

出勤が完了するとGozalから下記のメッセージが表示されます。

こちらで退勤の打刻は完了です。



Gozalの勤怠打刻の画面から出退勤が打刻されていることが確認できます。


回答が見つかりましたか?